甘酒饅頭   142円(税込)

写真

豊かな自然に育まれた富山県産の米と糀(こうじ)を使用し伝統的な製法で自家製の甘酒を造ります。そこに小麦粉を混ぜ合わせゆっくりと生地を発酵させます。その後、膨張した生地を職人が丹精込めて揉み上げとろみのある小豆こし餡を包みます。それをさらに発酵させ蒸し上げて製造したものが甘酒饅頭です。生地にはビタミン、ミネラル、餡にはポリフェノール、アントシアニンが含まれています。添加物は一切含まれていない栄養価の高い完全発酵食品です。皮には多少の酸味がありますが、これは発酵した麹菌によるもので芳醇な甘酒の香りと皮の酸味こそが甘酒饅頭の醍醐味です。
尚、アルコールは含まれておりませんので、小さなお子様でも安心してお召し上がりになれます。

店主のこだわりページへ

朔日饅頭(六月一日)

写真

安永年間(江戸時代)より始まり、時の藩主=前田治脩公により竹林堂の称号並びに嘉賞を賜り、富山銘菓の一つとして連錦今日に及んでおります。

毎年六月一日、日枝神社祭礼の朝は、五穀豊穣・無病息災・家内安全を祈願し、全富山を挙げて朔日饅頭を食し、一年を通して厄を払い、健康で無事、安泰に過ごせるようにとの願いを込めて朔日饅頭が食べられました。200年以上経った今でも、六月一日の早朝から大勢の人が店先に並び朔日饅頭を買い求める姿は、富山の風物詩となっております。

店舗案内

店舗名 竹林堂分家
所在地 富山県富山市旅篭町3-15
TEL 076-421-3785
FAX 076-421-3692
営業時間 8:30〜18:00
定休日 木曜日(祝祭日と重なる場合は営業)
駐車場 2台有(吉村唐木店さん横)
竹林堂分家

原材料(米・糀)

写真

甘酒饅頭を造る上で欠かす事の出来ないのが糀です。この糀と米で自家製の甘酒を造ります。この甘酒の搾り汁はほんのり甘みがあり、麹菌がたっぷり含まれています。
この麹菌が多く含まれた甘酒は必須アミノ酸やビタミンが豊富で栄養満点です。甘酒饅頭は、この甘酒の搾り汁と小麦粉と混ぜ合わせてさらに発酵させて造ります。
☆厳選された材料を使い、一つ一つ真心込めて造り上げています。
ご注文の際はお早目のご予約をお願いします。
◆春のお菓子
うぐいす餅、桜餅、桜饅頭、草餅、
柏餅(4月下旬〜5月5日)

◆夏のお菓子(7月〜9月中旬)
水まんじゅう、水ようかん

◆秋・冬のお菓子(10月中旬〜3月下旬)
芋きんつば、豊香餅、すいーとぽてと

◆年末年始
梅もなか

《 商品取扱い店舗》

・アピタ富山店
  富山県富山市上袋100-68

・アピタ富山東店
  富山県富山市上富居3-8-38

ページトップヘ

閉じる